良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくろうくん アーノルド・ローベル

ふくろうくん (ミセスこどもの本)

ふくろうくんは、やさしいけれど、臆病で、怒りん坊で、泣き虫である。


目を見開いたふくろうくんは、強面で、近寄りがたいって思ってしまう。

でも、その外見とは裏腹で寂しがり屋で誰かと一緒にいたいと思っているのかもしれないなぁ。

だから、扉を叩く冬くんを招きいれたり、思いっきり泣いて涙のお茶をいれたりしちゃうんだろうな。

見方によっては、頑固で気難しい人とも見えなくはない。
けれども、それはふくろうくんの本当の姿を指しているのではないのかもしれない。

ふくろうくんの姿だと思いつつ、実は自分自身の弱点を見せつけられているだけなのかもしれない。

ネガティブな姿をネガティブと捉えるのか。
それとも、愛すべき姿と捉えるのかは、その人の気持ち次第なのでしょうね。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/603-ba180ce1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。