良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にこりん村のふしぎな郵便 茂市久美子

にこりん村のふしぎな郵便 (童話のすけっちぶっく)

不思議な人間と動物のお話を書かせたら、茂市さんの右にでるものはいないのではないだろうか…。


物語は山の中にあるにこりん村の郵便局で起こります。
赤いとんがり屋根の小さな郵便局で局長をしている晴山さんが主人公です。

なぜだか局長がいるときに限って、キツネの青年が訪ねてきて配達依頼をしたり、地蔵からお供えものの催促のハガキが届いたりするんです。

晴山さんは、その度に驚いたり、面倒だなと思ったりする
のですが、きっと根がマジメでやさしい人なんでしょうね。
依頼がある度に、動物たちの期待にこたえていくのです。

局長さんを見ていると、仕事について考えさせられます。
仕事って何のためにするのだろうか。
決められた仕事だけをやっていればいいのかもしれないけれど、それだけでは味気ないんですよね。

やりがいであったり、感謝であったり、そういうことも必要なのかなと思いました。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/605-ef8ab78b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。