良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごはんのことばかり100話とちょっと よしもとばなな

ごはんのことばかり100話とちょっと (朝日文庫)

どこまでもごはんの話ばかり書かれたエッセイだ。
しかも、100話以上も食べ物の話を書いているのにまったくもって重たい感じがしないところがすごいところですね。


ばななさんが作る料理から、父・吉本隆明さんの料理、友人や料理家、カフェ、喫茶店、飲み屋、レストランなどなど、ほんとうにひたすらごはんにまつわる話ばかりが書かれています。

ホームページやエッセイなどを読んでいたので、ばななさん(吉本家)が食べることが大好きだということは知っていました。
でも、まさかこんなにもとは思っていなかったですね。

人間の味の好みって案外偏っているから、日々のごはんも似たようなものが多いと思うんですよ。
ところが、ばななさんは違うんですよね。

本にでてくる料理を挙げるとわかると思うのですが…。
水餃子、わかめスープ、タコ飯、沖縄そば、ラタトゥイユ、ポークジンジャーなどなど、和洋中華さまざまなごはんがでてきちゃいます。

おいしいごはんのお話が多いのですが、ばななさんの食に対するこだわりであったり、食育のことや食文化のちがいといったことにも触れていて面白いです。

食のエッセイとして読むのではなく、ばななさんの日常や思考をかいま見る的な楽しみ方が良いのかなと思います。





ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/608-b9ad3340
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。