良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばけ美術館へいらっしゃい 柏葉幸子

おばけ美術館へいらっしゃい (ポプラの木かげ)

もう、柏葉さんの作品って、どうしてどれもこれも面白いんだろう。

しかも、おばけとか、モンスターとか、魔女とか、そういったものを描かせると、天下一品なんですよね。


かわいいおばけ、やさしいモンスター、さみしがり屋の魔女など。
いつも、魅力的なキャラクターが登場するから、あっという間にファンタジーの世界に飛びこむことができるんですよね。

小学5年生のまひるは、普通の女の子です。
でも、ある日、お父さんの会社に呼び出されてしまうのです。

そこで、会社が保有する木かげ美術館の館長のアルバイトをすることになってしまいます。

なんだか、いわくつきの美術館。
そこは、なんとおばけがたくさんいる、おばけ美術館だったのです。

絵画からは、夫人やら、天使やら、ゆうれいまでもが、飛び出てくるし、鎧や甲冑なんかも動き出して話し出す始末。

しかも、どいつもこいつも、一癖も二癖もあるから、扱いが面倒そうな感じなのです。

そんなおばけが、たくさんいる中でまひるは、どうなるのか!?
おばけ美術館シリーズ第一弾は、面白くてあっという間に読めてしまいますよ。

また、ひとつ柏葉さんの作品で好きなシリーズが増えました。




ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー

スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/623-60bd121d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。