良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも一緒に 犬と作家のものがたり 江國香織 鷺沢萠 原田マハなど

いつも一緒に―犬と作家のものがたり (新潮文庫)

当たり前のことだが、動物を飼うということは、最後まで一緒にいるということだ。
つまりは、最後を看取るという行為が必ずついてくるのである。


『いつも一緒に』は、犬と作家のものがたりである。
子供のときに飼っていた犬。いつの間にか居ついてしまった犬。
大人になってから買い始めた犬など、その作家にとって思いの深い犬が紹介されている。

大好きな鷺沢萠のお話が載っているという理由だけで、気軽に購入してしまったが、実は深刻で重い話が多かったですね。
犬を飼うということは、単にかわいいとか、楽しいだけでは済まされない。

それは一側面であって、ほんとうは大変なことも、面倒なことも、辛いことも、苦しいことも、全部背負わなければいけないということを、しみじみ感じた一冊でした。

どのお話も良かったのですが、特に好きだったのが原田マハさんの『ただいま。おかえり。』と小澤征良さんの『とくべつな関係』です。

仕事でどんなに帰りが遅くなっても、おかえりと出迎えてくれるマチェック。
病気のときに片時も離れず、付き添って見守ってくれたブチカ。

ここには、もはや犬と人間の差はないんだなって思いましたね。
種族を超えた絆、家族としての愛、そういったものがたくさん詰まっているのです。

最後まで一緒にいるというのは、大変なことではある。
けれど、この本を読んでいると犬とともにある生活をしてみたいという気持ちにさせられるのです。

いつか僕にとって大切な出会いがあったときに…。
いつも一緒にいることを選択できればといいなと思いました。




ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/627-ca8a74d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。