良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじいちゃんがおばけになったわけ  キム・フォップス オーカソン エヴァ・エリクソン

おじいちゃんがおばけになったわけ

じいじが、心臓発作を起こして死んでしまった。
エリックは、じいじのことが大好きだった。
悲しくて悲しくて、たくさんたくさん泣くエリック。


ママは「じいじは天使になるの」と言い、パパは「じいじは土になるんだよ」言うけれど、どうにも納得ができない。

そうしたら、ある晩エリックの部屋にじいじが現れたのだ。
天使でも、土でもなく、オバケになって…。

大切な人が死ぬということは、どこまでも重く悲しいことである。
でも、その重さをユーモアが少しだけ和らげてくれる。

毎晩夜になると外に出かけるじいじとエリック。
じいじは忘れ物があるからオバケになったけど、忘れ物が何かを思い出せないのだ。

ふたりのような関係いいですね。
僕もおじいちゃんのこと好きだったけど、こんな風になんでも話せなかったなぁ。

エリックの聡明さ、おじいちゃん思いのやさしさも胸に響きますね。
物語もすごく感動するお話です。

ひとりで読むのもありだけど、これは大人が子供に読み聞かせてあげるといいような気がします。




ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/630-70058ada
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。