良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヌのヒロシ 三木卓

イヌのヒロシ (おはなしランド くじらの部屋)

どこか間の抜けた顔。
哀愁に満ちたようにも見えるし、ただボーッとしているようにも見えてしまう。
人(犬)のよさそうな顔ともいえなくはない。


だからなのか、ヒロシは何かにつけて絡まれる。
あるときは、庭にいるアリたちに指示をされたり、また別の日には、飼い主の画家の先生がいれたサイダーにお願いごとをされてしまう。

単純に犬同士のやりとりではなく、虫や動物、はたまた植物、食べ物、自然といったものまで登場してくる。
しかも、そこで異種族間の会話が発生するのだ。

会話によるコミュニケーションが普通に行われていることが、またシュールで面白い。

あとは、やはりヒロシのキャラだろうな。
この風貌の通り、ちょっと間が抜けていて、適度におバカで、そして頼みごとを断れないやさしさがあるのです。

だから、みんなついついヒロシに絡みたくなるんだろうな。
本人は自覚していないけれど、案外ヒロシは人気者なのかもしれませんね。


イヌのヒロシ (おはなしランド くじらの部屋)
三木 卓
理論社
売り上げランキング: 74,488


ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/633-24c1c2a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。