良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のような幸福 三浦しをん

夢のような幸福 (新潮文庫)

エッセイなのに、日記を見ているような気にさせられる。
しかも、しをんさんの日常生活を一部始終見せられている
ような気がしていしまうから恐ろしい。

まるで、家政婦のミタのような感じですよ。
連綿と続く、しをんさんの面白可笑しい日常とハプニング、そして怠惰な生活をハラハラドキドキしながら覗く楽しさがあるんですよね。

もちろん、毎日こんな生活をしているんだよと、しをんさん
の文才が見せているしをんマジックではあるのでしょうけどね。

あるときは、ベトナム料理を食べながら、友人と萌えポイントについて妄想話に花を咲かせたり、またあるときは映画を観に行った先で、おじさんに陶器市に来たと間違われたり…。

またまた、あるときは九州温泉旅行で見つけた鄙びた古本屋で見た光景に、これまた妄想話で大盛り上がりしたりしているのです。

もう、なんだろう。文章だけなのに、しをんさんの横で状況を観察しているようなくらいで、映像がイメージできてしまうんですよね。

読書量がハンパでないことでも有名なしをんさん。
ここでは、暇なときに「ガラスの仮面」「窯変源氏物語」「サイボーグ009」を三日三晩かけて全巻一気読みしてしまうという偉業(?)を達成されたとのこと。

こんな話も、本読みにとっては「うらやましい」と憧れられてしまう逸話なんでしょうね。
やっぱり、しをんさん好きだなぁ。




ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/635-4e1cf5d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。