良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは「このために」生まれてきた! 心屋仁之助

心屋仁之助のあなたは「このため」に生まれてきた!: 「なりたい自分」になってもいい! (王様文庫)

うわぁ~、この本すごくよかった!
心屋仁之助さんの本は、すでに何冊も読んでいるのですが、この本が一番心に響いたような気がします。


たぶん、今の僕に必要なことが、たくさん書かれていたから、そう思うのでしょうね。

この本のテーマは、自分がこのために生まれてきたという何かを見つけるためには、どうすればいいかということが書かれています。

最終的には、己れの使命、天命、天職といった、大きな大きなテーマへと行き着きます。

それこそ単純に仕事の合う合わないということだけの話ではなくなるのです。

あなたは何のために生まれてきたのですか?
あなたは何の役割があってこの世にいるのですか?

という、考えるだけでも、頭がグチャグチャしそうなお話をできるだけわかりやすい言葉にして、心屋さんが教えてくれます。

でも、僕が心に響いたのは、そこではないんですよね。
もっと小さいところで響いたんです。

「どうせ」という言葉をなぜ使ってしまうのかということだったり、なんでも行動する前にあきらめないことだったり、テンションが上がることだけをやるだったり…。

一見すると、ごく当たり前のことを言っているように見えますが、そうではないんですよね。

そこは、はじめからじっくり読んでもらうと、わかると思います。
ちゃんと意味あるつながりの中で、これらの言葉がでているのです。

いくつか、簡単なワークもあるので、早速やってみようと思います。
テンションが上がることだけをやるための第一歩かな。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/662-29efcf46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。