良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。15 小畑健 大場つぐみ

バクマン。 15 (ジャンプコミックス)

『シンジツの教室』を『有意義な学園生活に必要なソレ』と改題し、連載が開始となった七峰透。
1話目の人気投票が2位と実力を出したかに思えたが、徐々に翳りが見え始める。


自信家であり、誰の言うことも聞かない七峰と亜城木夢叶が真っ向勝負をすることになる。

こんなに許せないと思える敵(ライバル)が出てきたのは、はじめてかもしれませんね。

今まで、バクマン。では真のライバルは出ても、悪役は出てこなかった。そういう意味では、彼は倒すべき敵なんだろうな。

手段を選ばない七峰に対して、正攻法で対峙するサイコーとシュージンは素直に格好良いなと思ってしまいますね。

格好良い二人。
でも、そこだけでは世間は評価してくれない。

連載中の『PCP 完全犯罪党』の模倣犯がニュースを賑わせてしまうのです。
ショックを受けたままシュージンは立ち直れなくなり…。

人気が出ること、話題になることって大変なことなんですよね。

言い訳をすることなどできない。
判断するのは国民であり、マンガ家は作品を通して伝えるしかない。

表現というものの難しさ、創作することの大変さを感じる15巻です。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/666-9ada3d51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。