良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。16 小畑健 大場つぐみ

バクマン。 16 (ジャンプコミックス)

一難去ってまた一難。
ここにきて、天才マンガ家・新妻エイジが人気投票1位を死守するようになる。


それは、デビュー当時編集長に「嫌いなマンガを終わらせる権限が欲しい」と言ったことが引き金となっているのだ。

本人はいたって真剣だが、担当は動揺し、なぜだか福田組も召集がかかり、全員集合となる。

この巻好きだなぁ。
なぜかというと、今までジャンプを含めたマンガ雑誌を読んでいて感じていたことが、ひとつの答えとして出ているからだ。

人気があれば、ひたすら連載を続けなければいけないのか?
物語を無視して、ただ続けることに意味があるのか?

そんな積年の疑問に小畑・大場コンビが答えを出してくれたような気がするんですよね。

しか~し、福田組はしつこいです。(笑)
ただでは終わらせねぇ、みたいな妙な闘争心燃やしちゃいます。

天才が勝つか、亜城木たちライバルが勝つか!
またしても、マンガでのバトルですね~。

マンガの理論・手法・見せ方、今までのみんなの経験値がまさしくマンガ講座のように次から次へと興味深い話が出てきていいですね。

悪役がいなくても、十分面白い。
いや、これも読者を惹きつけるための策略なのか!?

ほんと、新妻エイジはいい奴で面白くて、好きなキャラですね。
ほのぼのしたのも束の間…。
またしても最後に不穏な動きが出てきます。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/667-6dfac86c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。