良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにをたべたかわかる? 長新太

なにをたべたかわかる?

あぁ、これこそ長新太の真骨頂なのではないだろうか。

猫が大きな魚を背負って歩いていく。
歩いていると、そこにさまざまな動物が現れる。


ただ、それだけのお話なのに見ていると、そこまでしなくても…。
いやいや、そんなことはあり得ないよ…。

えっ、どうして最後はそうなるの!?
と考える隙などなく、驚かされるんです。

最初は予想がつく流れなのに、最後は予想外の出来事が起こる。

淡々とページは進むのに、ページを閉じる頃には、なんだかわからない妙な気持ちになるんだ。

言葉にすると、もやもや、もわもわ、もんもん…。
そんな感じ。

スッキリしない。
よくわからない。
でも、それが長新太なのだ!

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連本紹介

スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/722-69f3e224
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。