良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はっきよい畑場所 かがくいひろし

はっきよい畑場所 (講談社の創作絵本)

かがくいさんの発想にはいつも驚かされる。

まず、相撲取りを野菜にしちゃいます。
しかも、面白い四股名までつけちゃいます。


なおかつ、絵本でワクワクしちゃうような取り組みシーンを描いちゃいます。

ちゃんと取り組みまでのシーンをコマ送りのように進めて、最後の勝敗まで中継しちゃうからすごいですよね。

まるで相撲中継をスローモーションで見ているような気になるんです。

おならをして頬を赤くしたり、激しい取り組みの様子とか、勝ち方とか、ちょっとしたところでぷぷっと笑えてしまうんですよね。

絵本って、子どもが理解できるように、やさしくかんたんに描くものって思っていたのですが、そういうことではないんですね。

相撲の専門用語やルール、しきたりなどを忠実に再現した上で、かがくい流に面白おかしくアレンジしているんです。

きっと、その言葉の意味がわからなくても、どういう状況なのかはっきりと理解できなくても、子どもたちは、
なんとなくわかったり、音や絵で笑ったり、喜んだりできちゃうんだろうな。

そんなことも予測して、きっとこの絵本は作られているんでしょうね。
絵本への愛、子どもたちへの愛が伝わってくるのです。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/723-7a3f3b1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。