良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミチクサ 田中てるみ 植田真

ミチクサ

4枚の葉の植物を鉢に植える。
ベランダに置いておくと、かたつむりが来て…。
かまきりも来て…そして、くもまでも来てしまう。


しかも、みんなの目的は、この4枚の葉なのである。
持ち主の女性は植物の名前を知らないけど、みんな口をそろえて『ミチクサ』だと言う。

絵の淡くて繊細なタッチがファンタジーのように見えてしまう。

でも、なんとなく、これはファンタジーではなく現実のお話のように思えてしまう。

何かすっきりしなくて、トゲが刺さったかのようにチクチクして、気になってしまうんだ。

この一連の出来事は、一体どういう意味なのだろうって…。

でも、その意味を知るのは怖い。
開かずの扉を開くような恐ろしさを秘めているような気がしてならないんだ。

これも女性特有な感覚なのかもしれない。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/729-a792b62a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。