良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モタさんの言葉 斎藤茂太 松本春野

モタさんの“言葉”

モタさんがいる!
本を読んでいると、思わず顔がほころんでしまいます。


斎藤茂太先生は、精神科医であり、文筆家でもあります。
2006年に他界されるまでに、多数の書籍を出版されていて、好きでよく読んでいたんですよね。

お人柄も素敵なんですよね。
だから、この本は茂太先生に再会できたような喜びがあるんです。

先生が文章を書いたり、診察したり、散歩をしたり…。
そんな姿が絵になって、茂太先生が語りかけるように言葉が紡がれているのです。

お会いしたこともなく、本でしか存在を知らないにも関わらず、当時の姿をそのまま再現しているように思えてしまうのですから素敵すぎるとしか言いようがないですよね。

著作の言葉から生まれた4つのお話は、実に短い物語です。
でも、だからこそ立ち止まって考えてみる大切なことが含まれているような気がします。

「努力してこそ凡人になれる」、「人生の満足度を上げるコツ」のお話が、じんわり心が温かくなって好きです。

久しぶりに、家にある茂太先生の本を読み直したくなりましたね。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/733-41994560
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。