良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛する言葉 岡本太郎 岡本敏子

愛する言葉

本の帯に、宮沢りえさんのコメントが書いてあったので、気になって中を見てみたんです。


そうしたら…。
そこには、『愛の言葉』が溢れていました。

岡本太郎と岡本敏子さんのふたりの言葉は、愛の名言集ですね。
惚れた腫れたの色恋の言葉は、ここにはありません。

そこには、駆け引きのない愛の言葉だけがありました。
ただ信頼し、与え続ける愛があったのです。

生前、敏子さんが大好きな岡本太郎氏のことを語る姿は、何度も拝見していました。

でも、こうやって改めておふたりの言葉を並べて見ると、敏子さんの想いだけではなく、ふたりがどれだけ愛し合っていたかというのがわかるんですよね。

それは、俗にいう甘い愛とはほど遠い。
だから、みんなはふたりのように愛し合うことができないと言っていたんでしょうね。

年を経て、ようやくその意味がわかったような気がします。

きっと、ふたりの関係というのは、同じビジョンを共有するベストパートナーだったんだろうなぁ。

だからこそ、こうやって今なお語り継がれているのでしょうね。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 



スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/735-f878e9ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。