良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使の梯子 村山由佳

天使の梯子 Angel's Ladder (集英社文庫)

年をとるということは諦めることの連続である。


しかし、若いときに大切なものを諦めなくてはいけなかったとしたら…。
それは、大切ななにかが欠落したまま、大人になってしまうということになるのではないだろうか。

『天使の卵』から10年の月日が経ち、高校生であった歩太と夏姫は29歳になっていた。

大切な者を失ったふたりにとって、10年という時間は後悔と苦痛の連続であったに違いない。

美大を卒業後、看板屋で仕事をしたり、母親の飲み屋を手伝う歩太。
高校教師を辞めて、金融業で働いている夏姫。

一見すると、何の歪みもなく、普通に社会生活を営んでいるように見えるが、それは適応しようとしているだけであって見えない部分での苦悩と悲嘆は数限りない。

生徒たちに黙って高校をやめた夏姫は、何の因果か元教え子である慎一と再会し、恋仲になってしまう。
まるで10年前の春妃と歩太のように…。

果たして運命のいたずらなのか。
それとも、新たな運命を切り開くチャンスなのか。

夏姫の頑なまでに凝り固まった心が、慎一の真摯なまでの想いによって、少しずつ少しずつほぐれていくのだ。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/740-7dda4659
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。