良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのとき、この本 こうの史代

あのとき、この本

装丁とタイトルに惹かれて購入した一冊。


最近、絵本と名のつくものには、てんで弱い。

当然、絵本自体も読み漁っているが、それに加えて絵本紹介本の類いも、ついつい探しては読んでしまう。

この本も、そういった絵本紹介本と思って手にしたのだが、どうやら期待したようなものではなかった。

この本は、どちらかというと絵本にまつわるエッセイ、著者と絵本の関わりを示したものである。

小説家、絵本作家、漫画家など、総勢71名が書いたエッセイが収められている。

各人が絵本を一冊取り上げ、それにまつわる文章が書かれているのだが、これが執筆者によって、まったく内容が異なるのだから面白い。

ある方は小さい頃読んだがまったくストーリーを覚えていないのでエッセイを書く前に読み直したというし、また別の方は見事なまでに絵本のネタバラシをしてしまうし…。

本の帯には、絵本書評エッセイと銘打ってあるが、この辺りはいかがなものかなと思う。

なので…読みたい絵本を探すために読むのはオススメしません。

それに、子どもの絵本を探す参考にもならないと思います。
だから、読むのは大人になった自分のために読んでください。

子どもの頃を思い出して読んでみる。
子どもをもつ親となって、絵本に興味をもったら読んでみてください。

そうそう、執筆人は豪華ですね。
児童書・絵本作家だと、五味太郎さん、松谷みよ子さん、林明子さん、岡田淳さん。

作家・詩人だと谷川俊太郎さん、恩田陸さん、井上荒野さん、長田弘さんなどなど…。

それぞれの執筆者の絵本への想いを触れるだけでも良いのかなと思います。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/748-bd69a2cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。