良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

87CLOCKERS4  二ノ宮知子

87CLOCKERS 4 (ヤングジャンプコミックス)

4巻突入。


この話をスルスル読ませる二ノ宮さんはすごいと思うが、もうオーバークロック(OC)の世界を理解することは諦めました。

難しすぎて、理解できません。(笑)
あとは、キャラ読みでいこうと思います。

4巻は、奏(かなで)とジュリアが、アキバ杯のゲーム&オーバークロック戦で、強者たちと闘っていきます。

はじめは、右も左もわからなかった奏が、今巻では、闘っている姿も様になってきていて、なんだか頼もしくすら見えてしまいます。

でも、主役である奏よりも、脇役の物語の方が面白かったりするんですよね。

ゲームオタク夫婦の出会いから結婚までの話や、引きこもりの生徒のために始めたゲームにハマってしまった先生の話など、OCがわからなくても笑えるんじゃないかな。

奏が思いをよせるハナの素性も明らかになるので、もしかしたら物語も終盤にきてるのかもしれないですね。

ここにきても、まだ終着点がまったく見えないですね。
一体、みんなどこに向かっているのでしょうね…。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/752-8c75b3e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。