良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くまのアーネストおじさん かえってきた おにんぎょう ガブリエル・バンサン

かえってきた おにんぎょう     くまのアーネストおじさん

気になる。
ふたりの関係がなんなのかが気になってしまうのです。


クマのアーネストと、子ネズミのセレスティーヌはいっしょに暮らしています。

いっしょに暮らしているということは、何かしららの事情があると思うのです。

たとえば、アーネストが育ての親として面倒をみているとか…。
でも、そんな風には見えないんですよね。

大人と子どもの設定であったとしても、どこかしらそこには恋の匂いがしてしまうのです。
セレスティーヌが散歩に行きたいというのも、恋人がわがままを言っているように聞こえてしまうんだよな。

大人の色眼鏡で見ているから、そう感じてしまうのかな。
ふたりの関係はシリーズを追いかけていくと、その理由が明らかになるのだろうか。

ゆっくりふたりの軌跡を追いかけていこうと思います。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/756-c0b7253c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。