良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごちそうだよ!ねずみくん なかえよしを

ごちそうだよ!  ねずみくん (ねずみくんの絵本 28)

ガールフレンドのねみちゃんが、ねずみくんにごちそうに誘ってくれる。


ねずみくんは、友達を連れてくるんだけど、その度にねみちゃんは怒り、友達はがっかりして帰ってしまう…。

たぶん、ねみちゃんもねずみくんも子供の設定だと思うんだけど、あまりにもねずみくんが学習能力がなくって、見ているこっちがねみちゃんと同じでイライラしてきちゃうのです。

その構図が、鈍感な男に尽くす、健気な女の子に見えてしまうんですよね。
ドラマとかで、こんなダメ男に尽くす健気で賢い女の子のラブストーリーってありそうだなって思ってしまうんですよね。
そういう想像は絵本的にいけないですかね?

もちろん、このお話も最後は円満、団らんな展開で締めくくられます。
大人もこの物語は大切なものは何かということを考えながら読むと良いのかなって思いました。

大切なものは何か、何を一番に考え、何を一番の心地よさとするのかを考えるいいきっかけになるのではないかなぁ。

それにしても・・・ガールフレンドのねみちゃん、いい子です。
ねずみくんは素敵な彼女に恵まれて良かったね。
なぁんて思ってしまいながら読んでいました。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/757-6e1a6868
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。