良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパ、お月さまとって! エリック・カール

パパ、お月さまとって!

壮大だ。絵本だけに壮大な物語である。


誰もが一度はチャレンジしたであろう、月を取ろうとする行為。
それをこの物語では、娘に頼まれたパパがやってしまう。

この絵本を読んでいたら、小さいときに月を取ろうとして、背伸びをしたり、ジャンプしたり、高いところに上ったりしたのをふと思い出してしまいました。

懐かしい・・・。
懐かしいという想いとともに、そんな子どもたちの夢を叶えてしまう絵本があるって素敵だなって思うのです。

物語の中では、お父さんが本当にお月さまを持ってきてしまうのですが、こんな風にお父さんが大活躍しちゃったら、大好きになってしまうし、尊敬してしまうだろうなぁ。

もしかしたら・・・。
この物語って、子どもだけではなく、大人にとっても夢のあるお話なのかもしれませんね。

大人も、実はそうしてあげたいって思ってるのかもと想像してしまいました。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/765-b36fbcc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。