良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜食堂3 安倍夜郎

深夜食堂 3 (ビッグコミックススペシャル)

すごくおいしいものがある訳でも、手がこんでいるものがたくさんでてくるわけでもない。


でも、ふとした瞬間に読みたくなってしまうのが深夜食堂。
そして…お客さんと一緒に深夜食堂の扉を開けたくなるのです。

鍋焼きうどんばかり食べるひとみは、寒がりで、男に貢いでばかりいて…。

赤いたこウィンナーを食べ続ける竜ちゃんには、誰も知らなかった悲しい過去があり…。

かたゆでのゆでたまごを大量に食べる毛利くんには、これまた人には言えない悩みなんかがあって…。

そんな感じで、毎度のごとく、訳ありのお客ばかりが集う食堂なのです。
でも、ただ食べておいしかったという場所でないから、そこからドラマが生まれるんですよね。

こうやって見ていると、懐かしいと思うものが出てきますよね。

赤いたこウィンナーもそうだし、魚肉ソーセージやキュウリ入りのちくわなんかも子どもの頃よく食べたなって思い出してしまいました。

今は食べなくなってしまったけど…。
案外、深夜食堂に行ったら、そういう昔懐かしい味を食べたくなってしまうのかもしれないですね。

そうそう、深夜食堂のバターライスもおいしそうです。
深夜に食べるにはカロリー多そうなメニューですけどね。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/784-02fea2a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。