良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はっぱのおうち 征矢清 林明子

はっぱのおうち (幼児絵本シリーズ)

しとしとと雨が降る日には、林さんのこの絵本が読みたくなる。


少女のキュートな仕草や行動はもちろん、どこか幻想的で子供時代にしか体験できないような世界観がうつくしいんですよね。

ほっぺを指でさしたり、鼻に指をつっこんだり、前屈みになったり…。

そんな少女の一挙手一投足を眺めているだけで、ほっとひと息つくような安らぎをおぼえます。

雨が降ってきて、葉っぱのおうちで雨宿りするさち。
はっぱのおうちの中には、かまきり、あり、もんしろちょう、てんとう虫、たくさんのお客さんが雨宿りにやってきます。

さちと虫とのやりとりが、またかわいいんですよね。
なんだか、友達のような家族のような、そんな仲間に見えてしまうんです。

場面転換がないのに、ここまで魅せられるのは、やはり林さんの絵だからこそなのだろうなと思います。

たぶん、読んでいるうちに少女を見ているのではなく、自分自身が少女になって、この世界を見るようになるからなんでしょうね。

素敵で大好きな一冊です。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/791-e6ec0652
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。