良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンカチの上の花畑 安房直子

ハンカチの上の花畑 (日本の創作児童文学選)

安房直子さんの本だということだけで、内容をまったくチェックしないまま購入してしまいました。


あぁ、こういう世界観好きですね。

児童書であり、ファンタジーであるのですが、単に楽しいだけの世界ではないのです。

むしろ、ひたひた迫る不安や恐怖というものが付きまとうような物語なのです。
ちょっぴりダーク・ファンタジーという感じですかね。

でも、安房さんの文章なので大人だけではなく、子どもでも十分楽しめる内容だと思います。

収録されているのは、表題作の 『ハンカチの上の花畑』を含めた3つのお話です。

『ハンカチの上の花畑』では、酒屋のおばあさんから壺を預かってしまった郵便屋の奇妙な体験を。

『空色の ゆりいす』では、椅子作りの夫婦に生まれた女の子とゆり椅子の行く末を。

『ライラック通りの帽子屋』では、冴えない帽子屋の男が作った不思議な帽子を…。

それぞれが選択をしていく。

郵便屋の男は壺を預かること、女の子は少年に頼みごとをすること、帽子屋は不思議な帽子を作ることを選んでいる。

そして選ぶことで、数奇な運命の輪が回りはじめるのだ。
たとえそれが不安や恐怖を生みだすということがわかっていたとしても、彼らは同じく選択をしたのではないだろうか。

そんな風に思えてならない。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/801-7485d39b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。