良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くまのアーネストおじさん ふたりでしゃしんを ガブリエル・バンサン

ふたりで しゃしんを     くまのアーネストおじさん

アーネストがでかけている隙に、セレスティーヌはアーネストが鍵をかけている引き出しを覗いてしまいます。


すると、そこにはアーネストの子ども時代の写真がでてきました。

はじめは楽しそうに写真を眺めていたセレスティーヌも、ある写真を見た途端に、どんよりどんより悲しい気持ちになってしまうのです。

アーネストが帰ってくると、セレスティーヌはいじけモード全開で、泣いて、怒って、駄々をこねます。

そして、それを見ていたアーネストのとった行動はというと…。

アーネストは、間違いなくこういう女性が好きなんだろうな。

きっと、大人しくて、聞き分けが良いよりも、わがままで、自己主張がはっきりしている女性が良いような気がします。

あっ、なんだか意味もなく、アーネストの分析をしてしまいました。

まぁ、アーネストに限らず、男はこういう女性に弱いということですよね。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/807-74a51846
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。