良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する短歌 佐藤真由美

恋する短歌 (集英社文庫)

短歌を詠むようになって知った歌人の佐藤真由美さん。


恋にまつわるタイトルが多いことと、周囲から勧められたこともあって読んでみました。

22篇の物語と、22首の短歌が並んでいてドキドキしながら読んでしまいました。

なぜ、ドキドキしたかというと…。
物語の主人公がすべて「私」なので、佐藤真由美さん自身の経験談が書かれているように錯覚してしまうんです。

しかも、佐藤さんの情報はまったく持たないまま読んでいたので、はじめは自叙伝と短歌集が合わさったものと誤認識しながら読んでしまったほどなんですね。

きっと、それくらい物語と短歌がピッタリと寄り添うように並んでいるのでしょうね。

今さら説明するまでもないかもしれないですが、22篇の物語と22首の短歌は、すべて恋の物語と短歌です。

別れてしまった恋人へのうた、忘れられない人への想いを綴ったうた、芽生えたばかりの恋のうた、一夜限りの恋のうたなどなど…。

これでもかっていうくらい、せつない想いがギューっと詰まった恋うたばかりです。

恋をしたいとき、つらい恋を終わらせたいとき、忘れられない恋があるときに…。

あなたが共感する恋がここにあるかもしれません。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/810-af7074b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。