良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲へ 黒井健

雲へ   (黒井健の絵本)

読書メーターのレビューを見て、気になっていたんですよね。


なにしろ、この表紙です。少年が空の中で立っているのか、漂っているのか、飛んでいるのか…。

とにかく、空高い場所に少年がいるのです。
それはなぜか…。

絵本を読み終わった今でもよくわからないというのが本音です。

でも、なんとなく少年に起きた出来事というのはわかるような気がするのです。

なんだか矛盾を感じる表現ですよね。
現象を頭で理解することはできないけど、気持ち、感情面では理解できるという感覚ですかね。

なぜを突き詰めるのではなく、そういうこともあるかもしれない。

そうだったらいいよねと思いながら読む絵本なような気がしました。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 





スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/817-e04d65ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。