良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。17 小畑健 大場つぐみ

バクマン。 17 (ジャンプコミックス)

一度戦力外通告をされたベテラン作家が続々と編集部に持ち込みをし、なおかつ連載まで決まってしまう。


なぜなのかと思っていたら、あの男が再び出てきたのだ。
また登場するとは思っていたが、まさかこんな形になるとは想定外でしたね。

もちろん、彼が始めたこの方法も、現実には起こり得ないことなんだろうけど、まったくあり得ないとは言えないところが怖いですね。

ちなみに、タイトルは微妙ですが、ベテラン作家・東美紀彦が描いた『ぱんちらファイト』読んでみたいです。

これジャンプでは難しいだろうけど、他誌ならイケると思うんだよなぁ。
深夜枠でアニメ化もありでしょう!と熱弁ふるっても仕方ないですね。

毎号毎号、天塩にかけて自分たちのマンガを描いている作家と機械のように与えられたネームを描く作家と、どちらが強いかは火を見るよりも明らかですよね。

それでも、コテンパにされたところを見ておきたいと思うのは…。
勧善懲悪じゃないですか。やはり、バクマン。は邪道ではなく王道マンガなのか。

編集長が言った「1話完結じゃない1話完結ってやつか」というセリフが印象的でしたね。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 








スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/818-bf07a3c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。