良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふしぎ列車はとまらない―おばけ美術館〈3〉 柏葉幸子

ふしぎ列車はとまらない―おばけ美術館〈3〉 (ポプラの木かげ)

おばけ美術館シリーズ第三弾。


学校がお休みの土曜日。
まひるがゆっくり寝ていると、電話が鳴って起こされてしまいます。

どうやら、呼び出し人は、まひるが館長をしている美術館の町田さんからの電話なようです。

この町田さんに呼び出されたということは、美術館で何かトラブルがあったということなんですよね。

今回は、なんと絵からふぶきが吹き出してしまうトラブルが起きてしまいます。

美術館にいるおばけたちに話を聞くと、ボブさんの絵から、ふぶきがでてきたというのです。
しかも、同じ時期に、町から子どもたちが消えてしまう事件も起きます。

さて、今回もまひる館長が大活躍しますよ。
ここにきて、おばけたちよりも、まひるちゃんの方が強いのではないかと思うようになったのですが、どうなんですかね。

まだ、小学5年生なのに、まひるちゃんの将来が、ちょっぴり心配になってしまいます。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 





スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/820-3f114817
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。