良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) 穂村弘

手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)

あとがきで、穂村弘がこの歌集が大好きという人と、これだけは理解できない人に分かれると書いてあった。


これを読んで、僕は考えてしまったのだ。
はたして、僕はどっちに分類されるのだろうかと…。

嫌いではない、でも絶対的に好きというわけでもない。
でもでも、今までのほむほむの中で抜群の爆発力を持つ作品だとは感じた。

これがまた、最近短歌なんかを詠みはじめたものだから、けちょんけちょんに凹んでしまったのだ。

あまりにも飛び抜けていて、理解の範疇を超えていて、芸術が爆発したようにキラキラ輝いていて…。

読めば読むほど、短歌というものがなんなのかわからなくなる。
そして、読み終わった後には、魂を抜かれたようなぐったりとした虚脱感に包まれる。

改めて自分という存在が平凡で、ごく普通なものなんだと実感してしまう。
これから先、いくら短歌を詠んだとしても、ほむほむのような歌は詠めない自信がある。

もう一度読み直すのには、少し時間を置いてからの方が良さそうだ。

この衝撃は、何度も耐えられるものではない。
でもでも、やはり気になるので、また時間をおいて対峙することになるのだろうな。

そのときに、これが大好きかどうかを確認してみたいと思う。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 





スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/821-18e79f0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。