良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月夜のバス 黒井健 杉みき子

月夜のバス

まんまるいお月さんが見える中、夜の国道をひとりの少年が歩いている。


この光景を見ていると、これは一体何なのだろうと訝しむはずだ。

黒井さんの美しい絵があるにも関わらず、どこか不自然で違和感を感じてしまうのです。

満月の夜だから余計にそう感じるのかもしれないですね。
ましてや、車ばかりが通る中で、少年がたったひとりで黙々と歩く姿も、ちょっと怖いなと思ってしまいます。

横断歩道を渡るため、少年が信号待ちをしているときに一台のバスが通り過ぎます。

そのときに、衝撃の出来事が起こるのですが、何が起きたかはここでは伏せておきますね。

決してホラーではないのですが、夏の暑い夜にピッタリな絵本だと思います。

少しだけ涼しい気持ちになりますよ。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 





スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/825-d44b8da9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。