良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくがとぶ 佐々木マキ

ぼくがとぶ

読書メーターでお気に入りさんの感想を読んで気になった一冊。


でも、実は佐々木マキさんの絵本は、はじめて読むんです。

本屋で見かけても、図書館で見かけても、どこかとぼけた感じのする絵が好みじゃないんだよなと
思いながら、本を開くこともなく棚に戻してたんですよね。

そういう意味では、やはり読書メーターの威力が絶大です。
好みでないものも読ませてしまうのですから…。

佐々木さんの絵本って、独特の世界観ですね。
五味太郎さんに通ずるものがあるのかな。
ちょっと一筋縄ではいかない感じがします。

物語は、主人公のぼくが飛行機を作って飛んでしまうのですが、なんだか日曜大工のようにお手軽に作ってしまう姿が笑いをさそうというか、どこか風刺めいた感じがしてしまうんですよね。

ひねくれた読み方なのかもしれないですが、きっとこの作品っていつもの佐々木さんのテイストではないのかなって気がしてしまいます。

それをたしかめるべく…。
これから他の作品も読んでいこうと思います。
なんとなく好きな作家さんのような気がするんですよね。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/841-28753353
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。