良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵くんとことばくん 天野祐吉 大槻あかね

絵くんとことばくん (たくさんのふしぎ傑作集)

絵くん?
ことばくん?
タイトルと表紙だけでは、まったく内容がわからない絵本である。


そして、ページをめくって中身を見ても、その不可思議さはつづくのである。

主人公の僕は小学校4年生の優太くん。
どうも彼はひとりで悩んでいるようなのである。

その悩みごととは、おこづかいが少ないということ。
優太くんの望みは、おこづかいを500円から1000円に上げてほしいということだけど、面と向かってお母さんに言う勇気がもてません。

だから、キッチンにポスターを貼ってお母さんに訴えようするのですが、そのとき、頭の中で絵くんとことばくんが語りかけてくるのです。
ふたりは、優太くんにさまざまなアイデアを出しはじめるのですが…。

この絵本を読んでいると、ヨシタケシンスケさんの『りんごかもしれない』を思い出してしまいます。
妄想が妄想を呼ぶというか、奇想天外なアイデアに思わず魅入ってしまうんですよね。

あははと笑ってしまうものから、ほぅ~と唸らせるものまででてきます。
はたして、優太くんは最後にどのアイデアを選ぶのでしょうか…。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/885-cb8d888e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。