良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LESSON 銀色夏生

LESSON (角川文庫)

危うげで、繊細で、どこか格好良いと思えてしまうもの。
そういうものは大概、永遠に続くことはない。


一過性のもので刹那的なものだからこそ惹かれてしまうのだ。
それは、ひとことで言えば若さゆえの魅力とも呼べるのかもしれない。

訳のわからないことを言っても、恥ずかしいと思うような失態をおかしても、すべてが許されてしまう。

それどころか、そんなおかしなことすら格好良いと呼ばれてしまう可能性がある。

仲間がいて、恋があって、ときどきケンカなんかもしたりする。
でも…そのひとつひとつが、僕たちのLESSONなのだ。

失敗して学ぶなんて真面目くさったことは言わない。
バカやって、やりたいことをひたすらやっているだけだ。

きっと、大人になったときにあれがLESSONだったのだと気づくと思うんだ。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/888-93bce084
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。