良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのとき始まったことのすべて 中村航

あのとき始まったことのすべて (角川文庫)

僕らはどこまで行ってしまったのだろうか。
 


あのとき僕らが始めたことは、どこにつながっているというのだろうか。

中学という箱の中でともに過ごした級友たち。
年を経るに従って、記憶も思い出も曖昧になっていく。

何を話していたかも、何を見ていたかも、何を共有していたかも、時が経つにつれてぼやけてしまう。

でも、僕はまた君に出会うことができた。
中学を卒業して10年の月日が経ち、お互いが社会人になった今となって。

それも、有楽町のマリオンの前で待ち合わせだ。
ドキドキ胸が鳴る。

石井さんは、どんな風になってるんだろう。
10年ぶりに会って、僕は石井さんを見つけることができるだろうか。

彼女は僕に気づくことができるだろうか。
僕らは、再会してどんな話をするのだろう。
あのときのようにうまく話すことができるかな…。

いろんな偶然が重なって再会することになった岡田くんと石井さん。
中学を卒業してから一度も会うことなく、気づいたら社会人3年目となっていた。

仕事にも慣れてきて、少しずつ自信もついてきて、大人として独り立ちしはじめたところに降って湧いたように再会が待っているだなんて…。
ドラマが生まれないわけがないですよね。

航さんのこの物語に最初に出会ったときは、このドラマチックな恋の物語にズキュンと胸を撃ち抜かれたんですよね。
でも、時間をあけて再読してみると恋のドキドキよりも、恋の切なさや残酷さの方をより強く感じました。

これは、心境の違いというのもあるのかもしれないけれど…。
僕自身が年を取ったことによって、岡田くんと石井さんと同じように感じることができなくなってしまったということなんだろうなと思います。

こればかりは、どうすることもできないですね。
また、いつかこの本を再読するときがくるのかな。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/903-caa453c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。