良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ともだちくるかな 内田麟太郎 降矢なな

ともだちくるかな

これもまたすごいなぁ。
なにがすごいって、はじめからオオカミに何が起きているのかの説明がないんです。


でも、絵本だから、ここかしこにヒントがあって、なんとなくオオカミが泣いたり、落ちこんだり、怒ったりする理由がわかるのです。

オオカミは、朝からワクワクしながらキツネが遊びに来るのを待ってます。
なぜかというと、今日がオオカミにとって特別な日だから…。

でも、朝が終わりお昼になっても、お昼が終わって夜になっても、ともだちであるキツネは来ません。
悲しくって、苦しくって、のたうちまわります。

でもでも、オオカミの苦痛はなくなりません。
そこで、オオカミはあることをするのですが…。

これは恋に似てるって、以前は思ってました。
けれども、時間が経ってみると、友情でもオオカミのようは感情って起こるのかもしれないって思えるんですよね。

友情と恋愛の境目ってわかりづらいし、大好きなともだちに対する感情って、どこか恋に似ているような気がします。

だとすれば、オオカミにとって唯一無二である親友が来ないことに心を痛めるのは当然なのかもしれないですよね。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/904-e4676a74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。