良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラインマーカーズ 穂村弘

ラインマーカーズ―The Best of Homura Hiroshi

ラインマーカーズ?
また、突飛なタイトルだなと思ったら、表紙が見事な(?)ラインマーカーで彩られたていた。


蛍光ペンで描かれた表紙なんてはじめてと、変な感心をしながら中身をチェックすると…。
どうやらこれは今まで発表した歌集をまとめたものみたいですね。

2003年に発刊とのことで、デビュー作『シンジケート』から『手紙魔まみ、夏の引越し』までの作品と、書き下ろしの短歌が収められています。

こうやって、改めてほむほむの歌を読んでいると、やはり理解できない歌が山盛りだなと思ってしまいます。
理解できないし、共感できない。
けれども、気になって目が離せない…。

それが、僕が感じる穂村弘の歌への印象なんだと思います。
あと、もうひとつ。
短歌を詠むようになって痛感するのが、逆立ちしたってほむほむのような歌は詠めないということ。

だから、彼の歌を読むと凹むし、下手くそな歌など読んではいけないのかもとすら思うこともあるのだ。
たとえばこの歌。

「パイプオルガンのキイに身を伏せる朝 空うめる鳩われて曇天」

鳩がわれるって何?とか、ツッコミどころが満載なのに切々と訴えるような孤独さが伝わってくるし、

「キスに眼を閉じないなんてまさかおまえ天使に魂を売ったのか?」

これなんかは、やはりモテモテほむほむですよね?とやっかみたくなるような歌だなと思ってしまう。

たくさんの顔があり、たくさんの言葉をもつ歌人・穂村弘からは、そういうわけで、まだまだ目が離せないのだ。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/908-aca1acbf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。