良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだまでしょうか、いいえ、誰でも。 金子 みすず

こだまでしょうか、いいえ、誰でも。―金子みすヾ詩集選
金子みすヾ
宮帯出版社
売り上げランキング: 2391

ACジャパンのCM、こだまでしょうか、いいえ、誰でもという
言葉で一躍話題になった女流詩人金子みすず詩集です。

26歳という若さで命を絶った彼女の人生にも驚かされますが、
金子みすずの繰り出す言葉の世界の凄さには驚嘆するばかりです。

本当に大人の女性が書いたものなのだろうかというくらい、
子どもや女の子の気持ちをうまく言葉にしています。

子どもの持つ素直さ、残酷さ、悲しさ、喜びといった感情を
詩という媒体を通して、見事に表現しています。

少女たちが遊ぶ道具や情景といったものは、明治大正の日本の
風景なのですが、子どものもつ感情や行動といったものは、
普遍的なものがあるのではないかと思いました。

この詩集を読んでいると、子どものときの自分を
思い出してしまいます。

☆こだまでしょうか ACジャパン






ブログランキングに参加しています。応援してくださると更新の励みになります☆

ブログランキング・にほんブログ村へ FC2ブログランキングバナー
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/91-8bd6c348
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。