良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物のお医者さん5 佐々木倫子

動物のお医者さん (第5巻) (白泉社文庫)

5巻になってもトーンダウンするどころか、面白さは加速していく。


やはり、変人がいるところにはネタは尽きないということですかね。

ハムテルと二階堂の師である漆原教授が大活躍というか、大奮闘というか、大迷惑というか…。
とにかく漆原教授がいることで、ある意味バランスがとれているマンガだといえるのだと思います。

教授の部屋から謎の口紅がでてきたり、教授とにわとりのヒヨちゃんがバトルしたり、国試前の6年生と教授がバトルしたり…。

生徒に気を遣ったり、やさしくしたり、気の利いたことを言ったりはしない漆原教授。
でも、彼なりに生徒を思いやったり、愛情を注いでいるのだと…。
信じたいなとかすかな希望を抱いてしまいます。

今巻で好きなお話しは…。
ハスキー犬のチョビが犬ぞりレースに出場するお話。
菱沼さんの就職活動のお話が個人的には好きでしたね。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/913-20f85788
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。