良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンク・スタイル―世界にひとつの心地よい部屋 大平一枝

ジャンク・スタイル―世界にひとつの心地よい部屋 (コロナ・ブックス)

家、お店、教室、アトリエ、カフェ…。
さまざまな場所を紹介している。


経歴も、業種も、年齢もバラバラであるが、ある一点だけ共通していることがある。
それは、古いものを暮らしの道具として楽しみながら使っている人たちということだ。

他人から見ると、がらくたに思えてしまうものに命を吹きこみ、大切な家やお店に置いて活用するのだが、なぜこんなものがと思える道具が、きちんとインテリアになり、アートになってしまうのだ。

ある意味ジャンクスタイルで生きるというのは、美的センスとか取捨選択する才能がないとできないのではないかと思ってしまう。

昭和の日本的な家もあれば、アメリカンポップ全開の家もある。
大切にしているものも、譲れないこだわりも、それぞれちがうのだから、ジャンクスタイルといっても100人いれば100通りの家が完成するのだろう。

もっと見てみたいな。
そして、できるなら実物の家々を見てみたいと思ってしまう。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/922-d76829ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。