良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリアングル 俵万智

トリアングル (中公文庫)

激しく嫌悪する。
薫里という女が嫌いだ。


異性としては魅力的に見えるのかもしれない。
しかし、当事者として関わったときに、恐ろしいどころか、人間不信にすら陥ってしまわないだろうか。
そんなことすら思ってしまった。

きっと、それは僕が薫里のボーイフレンドである圭ちゃんに感情移入してしまったからに他ならない。
こんなことを好きな人からされたら…。
僕なら立ち直れないどころか、もう恋なんてしないとすら誓うかもしれない。

感情移入してしまうと、さまざまな想いが放出してしまうが、物語としては実に面白くて、一気に読了してしまったほどだ。

主人公の薫里(かおり)は、33歳のフリーライターである。
フリーながらも仕事は順調で、青山に生活の拠点を構えている。

そんな彼女には恋人がふたりいる。
ひとりは、妻子ある身年上のカメラマンであるM。
もうひとりは、飲み屋で知り合った年下でフリーターの圭ちゃんである。

薫里は、ふたりの男の間を行ったり来たりする。
つまりは、二股をかけながら、なおかつどちらの男にも二股をかけていることは言わずに関係性を継続していく。

出会った頃の昂揚感、慣れてきた頃の安定感、終わりに近づく頃の収束感。
どの時期にもためらいと迷いがあり、終わりに近づけば近づくほど、秘めていたはずの想いが露呈していく…。

きちんと確認した訳ではないが、小説の合間に挿入された短歌は、『チョコレート革命』に収録されたものが多いのではないだろうか。

ここからは、あくまで推測になるが…。
だとすれば、過去の出来事や想いを小説という形にすることで昇華させようとしたのではないか。
それとも、終わったことを単に創作という形で表現したのか。

いくら推測しても結論はでないのだが…。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/929-912a2911
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。