良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わにわにのごちそう 山口マオ 小風さち

わにわにのごちそう (幼児絵本シリーズ)

頑張って、『わにわにの絵本シリーズ』第二弾も読んでみましたよ。


読んでみましたが…。
やはり、何度見てもわにわに君は怖いですね。

見慣れることがなく、身震いすらしてしまいますよ。

さて、今回はどうやらわにわに君が手作り料理を作るという設定らしいです。
もう、そのストーリーを聞くだけでうすら寒い気持ちになるのですが、気のせいではなかったようです。

ふすまから顔を出してニヤリと笑うワニは強盗か空き巣にしか見えないし、冷蔵庫を漁っている姿はもはや食材を探している姿には見えないし、ましてやできあがった料理を食べる姿は、手で顔を覆いたくなってしまう光景なのです。

一気にガブガブと食らいつく姿は、捕らえた獲物を食しているようにしか見えません。

簡単にストーリーを説明すると…。
家にある大きな鶏肉を取り出し、料理をして、最後はわにわに君が食べるというお話なんですけどね。

もう、ワニのわにわに君が何か行動をしようとすると、ピュアな物語ではなく、すべてがダークな物語に書き換えられてしまいそうで怖いですよ。
たぶん、これってテレビで動物のドキュメンタリーとかを見ている影響もあるんだろうなぁ。

まさしく、わにわに君が食事をしている姿は、本物のワニが食事をしている姿と重なりますからね。
そう考えると山口さんが描くわにわに君の絵ってリアルなんですよね。
だから、余計にシュールな物語になってしまうんだろうなぁ。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/948-33a80d79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。