良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母なる凪と父なる時化 辻仁成

3z39271m.jpg
辻 仁成
新潮社
売り上げランキング: 84111

東京で育ったセキジが父の転勤で函館に行くこととなった。
それまで登校拒否を続けていたが、ある日を境に再び高校へ
通うようになる。
そしてセキジは海に囲まれた街でレイジと出会ってしまう。

自分と顔がそっくりなレイジだったが、性格や家庭環境と
いったものは全く違っていた。
出会った頃の二人は顔以外類似点はなくまるっきり対照的だったのだ。

いじめに遭っていたセキジとかたや不良のレイジ。
対極にある孤独の中で生きてきた少年たちが自然に惹かれあい
友達となっていく。

暴力や酒、セックスといったものが当たり前のように
繰り広げられる日常。

何かに追われ急かされるかのように駆け抜けていく少年たち。
北国の短い夏の中でセキジは今までにはない感情を抱き
変わろうとしていた。






スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/95-7fd6ecf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。