良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO LIMIT 栗城史多

NO LIMIT ノーリミット 自分を超える方法 (Sanctuary books)

随分前から、栗城さんの存在は知っていた。


ヒマラヤ単独無酸素登頂を目指している男がいる。
しかも、家に引きこもり、ニートだった男が一念発起してはじめたことが実現に向かっていると聞けば、誰だって興味を示すにちがいない。

その彼の野望に人々が寄ってきて応援をする。
同じように引きこもりやニートである人たちの希望の光になっているという話を聞いて、僕自身も彼の投稿する動画をチェックしたりもしていた。

これは、エベレスト登頂を目指しているときに書かれた本です。
彼の発言やブログの内容をまとめたものだと思うのですが、とにかく熱いのです。

でも、ただの熱血漢というわけではなく、クールで理論的な一面も垣間見えるのです。
そして、彼は自身の目標のために頑張ってはいるのですが、彼の根本のスタンスというのが素晴らしいのです。

彼はこう言います。
「生と死の狭間で学んできた「生きる」という力を、同世代の若い人たちにリアルなメッセージとして伝えたい」。

まだ、栗城さんが30代という若さにも関わらず、こんな言葉をサラリと口にすることができるのは、彼自身が躓いたり、迷ったりした経験があるからなんだと思います。

標高7500メートルの高さの中で、彼が感じたこと、伝えたかったこと、見つけた真実がたくさんのメッセージとして詰まっています。

栗城史多のありのままの生きざまを表現したこの本はたくさんの人たちに是非読んでもらいたいです。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/951-a6108eab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。