良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくらなんでもいくらくん シゲタサヤカ

いくらなんでもいくらくん (こどもプレス)

いやぁ、本当にいくらなんでもいくらくんだよ。


もう、いくらだからって、やっていいことと悪いことがあるんだよね。

一夜にしてお店を作ってしまうのも問題だし、何よりもいくらだらけの謎のお店は周りの人たちも怖がって立ち寄ることができないよね。

でも、いくらくんには関係はない。
淡々と店をやるだけなのだ。

ところが、そんな奇妙なお店があるということが、お殿様の耳に入ってしまう。
そして、家来をいくらくんのところにやるのだが、そこからまたおかしなこたが起きてしまうんですよね。

毎回、シゲタさんの作品を読む度に、もう驚かないぞと思うんですよ。
でも、見事なくらいあり得ないことをして、読者を驚かせるんですよね。

いくらだらけのお店に、軍艦巻きの店主。
それだけでも十分おかしいのに、さらにいくらくんは、何でもできる『なんでもや』と言うんですよ。

ちゃんちゃらおかしなことを言ういくらだと思っていたら、お殿様の前であることをするんですよね…。
あぁ、いくらくんも欲しいけど、大量のいくらが食べたくなってしまう危険な絵本です。(笑)

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/955-13294b60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。