良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさきゆめみし6 大和和紀

あさきゆめみし(6) (講談社漫画文庫)

ここからは、光源氏亡き後の物語である。


『宇治十帖』編の主役は、匂兵部卿の宮と薫の中将の今をときめくふたりの男たちである。
昔を知る者たちは、ふたりを見て懐かしき人の話をする。

光源氏、紫の上、明石の御方…。
嘆いても戻ることはない人々たち。

そのことを覚えている者たちも、また一人一人といなくなってしまう。
世を疎み、出家を望む薫と、若かりし頃の源氏を彷彿とさせるようなプレイボーイぶりで、数多の女人たちを口説く匂兵部卿の宮。

匂兵部卿の宮が太陽だとすれば、薫の中将は月だろうか。
ともに輝かしいきらめきを持っているはずなのに、どこか満たされず、暗い影を落としているように見えるのだ。

そんな折、八の宮の姫君である大君に、薫は恋をしてしまう。
そして、薫の動向が気になる匂の宮も、もう一人の姫である中の君に恋をするのであるが…。

気のせいなのかもしれないですが、薫と匂の宮の関係が異様なものに思えてしまいます。
現代語訳や他の文献などもこれから追っていく予定ですが、もしやこの当時からボーイズラブ的なものというのは存在したんですかね。

どうもふたりの関係は、単なるライバル以上の妙な近しさを感じてしまいます。
あさきゆめしのおかげで、もっと源氏物語を知りたいと思うようになり、なおかつ古典作品にも触れたいと思えるようになってきました。

読書傾向が最近少し変わってきているかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 


スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/957-2a956955
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。