良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった 金原瑞人

翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった (ポプラ文庫)

本読みでも知らない人が多いかと思うが、金原瑞人さんの文章が好きだ。


数々の英米文学を訳す翻訳家であり、法政大学の教授でもある著者の話が、ここでは読むことができる。
はじめ、随分読みづらさを感じたのだが、あとがきを読んでその理由がわかった。

どうやらこのエッセイは、今まで翻訳した本のあとがきを集めたものであるらしい。
だから、書いてある文章に統一性がないのだ。

金原さんの学生時代のこと、就職のこと、翻訳の仕事をはじめたきっかけ、翻訳家になるためにはどうすれば良いかなど、さまざまなことが余すことなく記されている。

この一冊を読めば、金原瑞人の概略を知ることができるのではないだろうか…。
それだけではなく、翻訳家という仕事に興味がある人、翻訳家になりたいと思っている人にとっても参考になる本にちがいないと思う。

僕は翻訳とは無縁だが、翻訳家という仕事がどんなものであるか。
そして、翻訳家になることがいかに大変かという著者の実体験に基づく話が好きでしたね。

金原さんのやさしさと実直さがよくわかるなと思いました。

あとは、タイトルにある『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』話は、もちろん面白かったですね。
そうか、金原さんにも無謀で、無計画な若者である時期があったのかと、面白おかしく読ませていただきました。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/967-3fe36953
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。