良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたし、うそついちゃった ローラ・ランキン

あたし、うそついちゃった (児童図書館・絵本の部屋)

あぁ、これは痛いなぁ。


痛いけど、どこか懐かしくて、こういう体験って誰しも子どもの頃にしているんじゃないかなって思った。

絵本って、いろんな側面があると思うんですよね。
想像力を養うためのもの、言葉を覚えるためのもの、単純に楽しむためのもの、そして大切なことを教えるためのもの…。

この絵本は、大切なことを教えるための物語なんでしょうね。
こういうのって説教臭くなりがちですが、さすがアメリカの作家さん。
お小言的なことは一切抜きで、大切なことを教えてくれます。

主人公のルースは、ちっちゃなものが大好きです。
家には小さなおもちゃがたくさんあります。

ルースにとって、ものは小さければ小さいほどいいと思っているんですね。
そんなルースが、学校の校庭でとても小さなカメラを見つけてしまうのです。
それは、友達の落とし物だったのですが、彼女はそこで嘘をついてしまうんですね。

嘘って、難しいですよね。
絶対ついていけないかと言われれば、そうではない。
けれども、絶対言ってはいけない場面というのはあると思うんです。

そこで、嘘だったと告白するのか、それとも嘘を突き通すのか…。
大げさかもしれないですが、ある意味、嘘によって人生の選択が変わるともいえるのかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/969-32984b8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。