良薬は口に苦し 良書は心に甘し

読書ブログです。小説あり、エッセイあり、児童書や絵本、詩・写真・漫画など、ジャンルレスに紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GENTE1 ~リストランテの人々~ オノ・ナツメ

GENTE  1 (Fx COMICS)

先に同作者の『リストランテ・パラディーゾ』を読んでいたためか、ちょっと面喰らってしまった。


前作のつづきの物語が描かれているのかと思っていたのだが、そうではないんですね。
これは『リストランテ・パラディーゾ』から話を細部まで広げたものなんだろうなぁ。

それでも、このゆるく暖かい世界が好きなので、ふたたび彼らに出会えたことはうれしかったですね。
Wikipediaで調べたところ、リストランテ~は、GENTEの2~3巻に当たる物語なようですね。

それを読んで納得しました。
ロレンツォは、過労で倒れた妻・オルガのためにリストランテを開く。
そこは、オルガの希望をすべて叶えた楽園のような場所であるのだ。

初老の紳士を眺めるのが好きな妻のために、スタッフは老眼鏡をかけた初老の紳士をそろえる。
もちろん、店を訪れたオルガは狂喜乱舞する。

そんな私的理由から作ったにも関わらず、店はすぐにも話題になって老紳士目当ての女性客で埋めつくされていく。
やさしそうなクラウディオや無愛想なルチアーノに言い寄る女性もでてきたりするのに、ジトジトとした嫌な湿度を感じさせないのは、彼等が紳士然としているからなのでしょうね。

オノ・ナツメの描く料理を見て、おいしいと感じるわけではない。
けれども、この空間に身をたたずんでいると、みんなのおいしそうにしている姿が伝わってくるのだ。

こんな馴染みの店があったら…。
どんなに毎日が楽しいだろうか。

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 
スポンサーサイト

スポンサーサイト

*Related Entry

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://goodsuccess.blog117.fc2.com/tb.php/977-260ccb40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。